出会いはどこに転がっている? 恋愛はとにかく「回数」が大事だよ!

一人暮らし 出会い 恋愛 恋 どこに 友達・恋人

コロナもちょっと落ち着いて、いよいよ活動的になれる季節になりましたね。

「彼氏がほしーい!」「彼女つくりたい!」

なんて声があちこちから聞こえてくるようです。
今回は、「どうやったら出会いが・・? 恋愛が・・?」っていう話。

 

オンラインだってOK!誰かが居るところに行きましょう。

玄関先に勧誘が来ることはあっても、「出会い」は部屋の中に飛び込んできてはくれません。いくら一人暮らしが大好きでも、腹をくくって誰かが居るところに行かなければ。

といっても街中での突発的な出会いから恋に・・・なんてありえないから、やっぱりどこかしらなにかしらのコミュニティーに属するのが大事ですよね。
まずは学校・職場。そこで難しければ、趣味を作ってそこから広げるとか・・

 

リアルにどこかに行くのはけっこう大変だから、楽チンなのはネット。誰かが居るところに行けば、オンラインだっていいですよね。

SNSやマッチングアプリなど、趣味が近い人同士が自宅からでも繋がれる手軽さは、他には変えられません。

 

コミュニケーションの回数が大事!

人が人と出会ってその後、恋に落ちるのに重要なのは、「回数」なんです。ここだけは太古の昔から変わりません。

ケイティー
ケイティー

メールでも会話でも「接触」よ。
特に男子はとにかくこの「接触」の回数が多いほど好意を抱くわ。

マイク
マイク

悔しいけどそうかも知れない・・・

 

そして、「いいかも」と思える人に出会うにも、回数が大事ですよね。

とにかくいろんな人と接触してみないとなんにも分かりませんが、ここが現代に生きる私たちの強み。
リアルに出会うより何倍もの効率でたくさんの人と接触できるマッチングアプリを、上手に活用してみては? 

 

実は安全、なマッチングアプリ

ちょっとアンダーグラウンドで怖いイメージもあるけど、今では法整備もしっかり進んでいるので、広告を出しているような名が知れているアプリだったらまず安全です。

ほとんどのアプリは女性だったら登録・利用料ともに無料。ちょっと入れて、覗いてみる分にはほぼ実害なし!

男性は月額かポイント制がほとんどですが、上に書いたとおり法整備がされている今は、一昔前のように怪しい業者から何十万円の架空請求が来ることはありません。

※ポイント制・・・出会い系アプリ(18禁)に多いシステム。女性のプロフィールを見たり、メールを送る際に10円〜50円分程度のポイントが必要となる

 

 

初めて使うなら、目的ごとにちゃんと選んで!

実害なし!とは言ったけど、ちょっとあります。

出典:「今の出会い系は怖くないということを歴史的観点からまとめてみる」:おんなのことであいたい

これは男性目線の棲み分けのようですが、アプリによってそれとなくユーザーの目的が分かれています。
例えば「ハッピーメール」や「PCMAX」にも純粋な恋愛を求めるユーザーだって居るだろうけど、多くはお金目当ての女性と、カラダ目当ての男性だったり。

なので、アプリの選択を間違えると、不快な思いをする機会は増えそうです。

 

女性側の害は、ヤリモク(H目的)の男性が少なからず居ること。変なメッセージが来たり、中にはいきなり裸の写真を送ってくる人も。

笑って流せる人ならともかく、耐性のない人は特に気をつけてくださいね。

 

いっぽう男性側の害は、エッチな誘いでひたすらメールを引き延ばし、ポイントを巻き上げるユーザー(キャッシュバッカー)がいること。いくらポイントを買ってメールを続けても会うことはできません。
また会ったはいいものの、「Hするのにいくら」と金銭を要求するユーザーも。中身はそういった女の子を斡旋する悪徳業者(援デリ業者)です。

 

どこであれ安易な出会いに走りすぎると、やっぱりカラダ目的・お金目的がいっぱい寄ってきちゃいます。出会う場所(アプリ)はちゃんと選びましょう。

 

徹底的にクリーン!な国産マッチングアプリ「Ciel(シエル)

話題のTinderは会員数が多すぎだし、目的もバラバラで意外と出会うまでに至らない。特に男性は、いくらスワイプしても一向にマッチしないといいます。
そこでおすすめしたいのが、2019年秋にデビューした国産アプリ「Ciel(シエル)」。

 

恋愛・結婚・友達・食事・経験という各コミュニティがあって、マッチが成立するのはそのコミュニティの所属会員間でのみ
だから、食事目的とH目的が混在して嫌な思いをすることがありません。

加えて運営側とユーザー側のダブル管理が秀逸!
運営側は24時間365日のパトロールを行っていて、アダルト業者や個人情報集めなどの怪しい会員・書き込みを排除しています。
そして会員間の相互評価によってもマナー違反会員が徐々に排除される仕組み。

ケイティー
ケイティー

「イエローフラッグ/レッドフラッグ制度について」を見てほしいんだけど、「プロフィールに他人の写真、虚偽記載や詐称」「ネットビジネス、投資、宗教への勧誘」「誹謗中傷、侮辱、卑わいな言動」なんていうのは一発で強制退会させられるから嬉しいわ。
徹底した安全・安心対策の【ciel】

マイク
マイク

「ドタキャンの連絡はあったが、その方法が著しく不適切であった」
「お金に関する重大なトラブルがあった」なんてのも通報できるから、変なアダルト業者も入ってこれなさそう!男性からしても安心して使えるな

  

「マッチングアプリ」「出会い系」なんていうとちょっと危ない感じもするけど、ちゃんとしたところで正しく使っていれば、運営側・法律で守ってもらえる
ツイッターやオンラインゲーム経由の出会いよりずっと安全です。

皆さんにいい出会いがありますように!