スポンサーリンク

野菜をちょい足し。キャロットラペという便利な副菜を作ろう。

キャロットラペのレシピ かんたんレシピ

キャロットラペ。
フランスの家庭料理の鉄板で、カフェのランチプレートとかにちょこんと乗ってるあれ。にんじんの千切りの甘酢和え的なやつです。
簡単に作れるうえ、さっぱりと生野菜を食べられて栄養的にも最高!ちょっと作ってみましょうか。
 
 

材料は、にんじん / オリーブオイル / 砂糖 / 塩 / 酢かレモン汁 / 色合い的にパセリがちょっとあると◎
 
必須なのはここまでで、あとの調味料はお好みしだい。
マスタード / はちみつ / おろしニンニク ・・・など。要は最終的に「ほどよい甘酸っぱさ」なら正解で、それ以外は好きなものを足せばいいのです。
 
アンチョビペーストとか入れても美味しいし、レーズンを入れたり、ローストしたくるみとか入れてもうまい。
でもあんまりやりすぎるとめんどうくさいので、ごくごくシンプルにいきますよ!
 
 
あと、スライサーは持ってないと辛いので、そこそこ料理するなら買うべしです。
 

 
 
 

人参は洗って先っぽだけ落とします。剥きたい人は皮を向いてもいいけど、細い千切りになるので食感的に気になることはないですよ。
皮に一番栄養があるとも言われているので、抵抗がなければぜひそのままで。
 
 
 

スライスしていきます。
 
 
 

このくらいの細さが味の馴染みもよく、おすすめ。
 
 
 

がんばってスライススライス。
酢が入るので3〜4日持ちます。にんじん1本分たっぷり作っちゃいましょう。
 
 
 
 

調味料を探してます。
 
 
 
 

「ほどよい甘酸っぱさ」を目指して適当に。
目安でいうと、にんじん1本に対して酢大さじ1〜2、オリーブオイル大さじ1、砂糖小さじ1、塩ひとつまみ、くらい。
ざっくり混ぜて、2〜30分して味が馴染んだらできあがり。
 
 
 

完成〜。パセリをちょっと散らすとかわいい。
副菜として、サンドイッチの具として、大活躍です。色が鮮やかなのがテンション上がるよね。
 
 
ちなみに容器は「Weck(ウェック)」のガラスキャニスター。保存容器かつ、食卓にそのまま出してもおしゃれ。

 
 
 

パンと相性抜群。挟んでも、載せても、別々でも。
 
 
 

雑誌でも読みながら、おしゃれなブランチをどうぞ。
簡単でおいしいキャロットラペ。ぜひ作ってみてください。
 
 


モデル:ましろきなこ Twitter