スポンサーリンク

電気・水道・ガス・ネット。ライフラインの契約・手続きをする。

一人暮らしの始めかた

部屋があっても水や電気が使えないと生活にならないわけで。入居と同時に各種ライフラインを使えるようにしてやりましょう。
水道、電気、ガス、ネットの4つのライフラインについて、使用開始の手続きや事前準備などをまとめました。
 
 

水道 →すぐに使えます。

「利用についての案内」みたいなパンフレット類が新居に必ず用意されているので、付属しているハガキに入居日(使用開始日)を記入してポストに投函すればOK。

ケイティー
ケイティー
その後の払い忘れを防ぐために、銀行かクレジットカードからの引き落としを設定すると安心よ。

 
 
 

電気 →連絡が必要なパターンも。

基本的には東京電力や関西電力などの「一般電気事業者」との契約になるはず。その場合は水道と同様、使用開始日をハガキで投函するだけ。ほとんどのところはこれで大丈夫でしょう。
 
しかしながら現在は電力自由化がはじまっているため、少し事情が変わってきてもいます。
物件によっては建物丸ごと別の電気事業者と契約していて、使用開始時に電話をする必要がある場合も。契約時に不動産屋さんに確認しておきましょう。
 
 
 

ガス →立会いでの開栓作業が必要。

ガスは開栓という作業が発生します。キッチンがIHの物件でも給湯はガスがほとんどなので、やはり開栓が必要です。
 
事前に入居日を連絡しておき、その日にガスの業者さんが来て使えるように栓を開けるというもの。入居者の立会いが必要となります。これをしないと料理もできなければシャワーもお湯がでません。
ガス屋さんへの連絡先は不動産屋さんが教えてくれますよ。
 
ちなみにプロパンガスの場合、保証金なる名目で1万円前後、現金を預ける必要があったりします。
一般的には退去時に全額返還されるものですが、開栓日を決める際に電話で説明があるはずなので、金額含めしっかり確認して準備しておきましょう。
 
 
 

インターネット →早めの確認・準備を。

物件の状況によってすべきことはバラバラです。すでに回線を引いてあって定額で使える物件もあるし、新規に工事して引かなければいけない場合もあります。
まずはその物件のネット状況を、不動産屋さんに確認するところから。
 
 
もし新規で引かなければならない場合、回線工事が必要になります。これは在宅で立ち会わねばなりません。
業者によっては工事日は2週間〜1ヵ月先になってしまったりもします。
入居日にタイミングよく工事の日程が合わせられればいいけど、絶対に初日からネットを使いたいのであれば、鍵をもらってから引っ越し日の前日までのどこかで済ませておきましょう。
 
 
なお、1〜3月の年度末は新生活に備えて引っ越しが多く、工事の待ちが非常に長くなりがちです。
そうした場合には、工事の日までポケットwifiを無料貸し出ししてくれるサービスもありますので検討してみてください。