スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越しの流れ&やること。

一人暮らしの始めかた

さて、入居日=引越し日が決まったら一気に忙しくなります。
やることを順番に並べると

  1. 引っ越し方法を検討
  2. レンタカー手配 or 引っ越し業者見積もり
  3. ガス開栓連絡、ネット契約
  4. 家具家電 購入 & 配送・設置手配
  5. 住所変更手続き
  6. 荷造り

こんな感じ!
なお、新居の郵便番号・住所を手帳やスマホのメモに入れときましょう。いろんなところで言ったり書いたりすることになるので。郵便番号なんて特に忘れがちです。
 
 

引越しの方法を検討

A. 楽したいから → 引越し業者に依頼
B. 安く済ませたいから → トラックを借りて、家族・友人と済ませる
C. 荷物少ないなら → 宅急便で送る
 
よくあるのはこの3パターンでしょう。
 
 

ケイティー
ケイティー
私は業者任せね。単身者の少な目の荷物なら、業者に依頼しても意外と大した金額にはならないわ。
時間も労力もかからないし、結果的にお得よ。
マイク
マイク
僕は友だちと一緒にワイワイやったよ。大変だったけど、楽しかったなぁ。
ケイティー
ケイティー
レンタカー代とかご飯おごったりで、けっきょく業者任せと変わらないくらいお金かかったんじゃない?
マイク
マイク
引っ越しの単身パックより高かったけど、僕は荷物めっちゃ多かったから。
業者の見積りよりは安く引っ越しできたよ。

 
 
何をお得と思うかは人によるのですが、例えばこんな人・こんなパターンは業者任せの方がおすすめ。

【一人暮らしの引越し】こんな人は業者にまかせた方が結果的に得する
単身の引越し、自分でやるか業者を呼ぶか悩みますね。そこで業者任せの方がお得になるだろうケースをまとめました。これらに当てはまる人は、引っ越し屋さんを呼ぶのがおすすめです。

楽なのは言うまでもないし、業者が多くて価格競争も激しいので、見積もりとったら意外と安かったりもします。
 
自力での引っ越しは、手間とか手伝ってくれた人へのお礼を考えたら大して安くなかったりもします。シミュレーションしてみるとこんな感じ。

「友人と自分で、レンタカーで引っ越し」をシミュレーションしてみる
引越しするけどお金がないから、レンタカーで友達に手伝ってもらおう! なんて話、よくありますよね。思い出にもなるし、知らな

お昼代くらいで手伝ってくれる家族友人知人が複数人いて、かつ近距離で荷物もそんなになくて・・・という条件が揃い、かつ思い出重視する人にはおすすめできます。やってみると楽しいもんです。
 
 
 

レンタカー手配 or 引っ越し業者見積もり

自分と友人で引越しするならレンタカー(トラックかバン)の予約、荷造り用のダンボール集め。
業者任せなら見積りの手配をしましょう。ダンボールとかは新品をもらえます。
業者選びとか見積もり、めっちゃ面倒なので覚悟してください。詳しくは↓に。

いざ一人暮らし。引っ越し業者のスマートな選び方。
一人暮らしを始めるために引越ししなきゃだけど、業者はプランも価格も様々で決めかねるし、自分の場合いくらかかるのか。一括見積もりは連絡がウザいとも聞くし…。困ったあなた。一番スマートな決め方はこれです。

 
 
 

ライフラインの手続き

ガス会社には開栓にきてもらう必要があるので、事前に入居日を伝えておきます。
インターネットの新規工事が必要な物件なら、早めにどこの会社にするか決めて連絡しておかないといけません。だいたい2〜4週間待たされます。
詳しくは別ページに書きましたので見てみてください。

電気・水道・ガス・ネット。ライフラインの契約・手続きをする。
部屋があっても水や電気が使えないと生活にならないわけで。入居と同時に各種ライフラインを使えるようにしてやりましょう。水道、電気、ガス、ネットの4つのライフラインについて、使用開始の手続きや契約、事前準備などをまとめました。

 
 
 

次のページ|住所変更手続きと荷造り計画