スポンサーリンク

快適な住まいの条件とは。住む街、住む部屋を決めよう。

一人暮らしの始めかた

さぁ、ようやく本番。物件探しです。

スポンサーリンク

住む街(沿線)の候補を決める

1.住む街を決める
一般的には通勤・通学先によって住むところが決まるでしょう。
学校や職場の最寄り駅から路線を決め、沿線の家賃相場から予算内で住めるところを探して駅を選ぶ、という感じで大きいエリアから絞っていくわけですね。
 
ちなみに大学生なら、よっぽど都心部でなければ大学から徒歩や自転車圏内の人が多いようです。

マイク
マイク
日常的に電車を使わないなら、思い切って多少駅から離れたところにするのもいいかもね! 家賃がグッと下がるよ。

 
 
 

スポンサーリンク

物件候補を決める

その街の不動産屋さんに直接行くのももちろんありだけど、インターネットで探してから問い合わせるのが主流。手軽に多数の物件を比較検討できるのがネットの良いところです。
 
物件は「〇〇(住みたい街) 賃貸」とかで検索しても見つかりますが、不動産ポータルサイトを使うと楽。
 
 

代表的な不動産ポータルサイト

>>>SUUMO(スーモ)
>>>Homes(ホームズ)
>>>atHome(アットホーム)
 
これら3つが、アパートやマンション探しで代表的なポータルサイトです。おんなじ物件が載ってることもほとんどなので使いやすいとこを使えば良いと思いますよ。
 
 

おすすめのポータルサイトは「キャッシュバック賃貸」

その名前のとおり、入居が決まると引越し祝い金必ずもらえる物件情報サイト。
 

アパマンショップやレオパレス、SUUMO(スーモ)とも連携していて、掲載物件数は全国で600万件以上の、業界最大級。
 
>>>どうすれば祝い金をもらえるの?(公式サイト)

上のリンク先に詳しく載っていますが、すごいのは、このサイトに載っていた物件を契約しなくても、問い合わせた不動産屋さんから紹介された別の物件でもキャッシュバックがもらえるっていうところ。
つまりキャッシュバックを取りこぼす可能性がめちゃくちゃ少ないんです!

使い方は他の物件情報サイトと変わらないので、ぜひのぞいてみてください。
 
 
 

スポンサーリンク

とにかく数を見ることで ”分かってくる”。

慣れないうちはとにかくたくさんの物件情報を見よう。見れば見るだけ、沿線やエリア・広さや設備によっての家賃相場ってものが分かってきます。
 
そしてここが重要ですが、物件の設備や条件について自分の中で何を優先させるべきかも明確になっていきます。トイレ・バス別が絶対だとか、自炊したいのでガスコンロ2口じゃなきゃ嫌だとか・・・。

ケイティー
ケイティー
部屋の間取り図を見てるだけでも楽しいんじゃないかしら?
自分の中での優先順位が分かってきたら、忘れないようにメモしておくといいわよ。

 

次のページ|快適な住まい探しは周辺環境から!