スポンサーリンク

ロフトに憧れを持っている人が失望するまでの流れ。

みんなはどうなの

一人暮らし未経験者のロフトへの期待値は異常。
気持ちは分かる。なんかオシャレっぽいしいいよね、ロフト。
 
でも実際住んでいる人からは、何かというとネガティブな言葉しか出てこないし、おすすめする声も聞こえないのです。
 
日本中のお一人様たちがロフトへの憧れを失っていく様子を集めました。

 

スポンサーリンク

1. ロフト付き物件にウキウキしがち。

一人暮らし始める人あるある。ロフト付き物件にウキウキしがち。


期待値爆上げ。

 

スポンサーリンク

2. 確かに初めの頃はウキウキする

 

スポンサーリンク

3. だんだん使わなくなる


概ね1週間〜半年もすると大体生活スタイルができ、ロフトが断捨離される。

 


掃除が大変なんだね。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

4. 収納場所に落ち着く

 

スポンサーリンク

5. 次はロフトなし物件と誓う。人にはロフトは勧めない


冷暖房の効きの悪さもディスられポイント。
 


転落する恐怖。
 


高さではなく平面で広いのがベストだね。

 
 

スポンサーリンク

つまり結論は

素敵な暮らしっぽくて憧れるし実際住んでみたら秘密基地感にワクワクするけど、基本いらないスペース。空調にも悪影響。
スペースが無駄にならないように工夫して収納場所にするも、そもそも押入れが大きかったり、部屋自体が広い物件があればそっちの方がいい。
 
そんなわけで、ロフト、いらない子・・・!