スポンサーリンク
スポンサーリンク

「友人と自分で、レンタカーで引っ越し」をシミュレーションしてみる

一人暮らしの始めかた

引越しするけどお金がないから、レンタカーで友達に手伝ってもらおう! なんて話、よくありますよね。思い出にもなるし、知らない業者さんとやりとりしないで済むし、けっこういいかもしれない・・・。

でも実際のところ、どう進めるんだろう? ちょっとシミュレートしてみましょうか。

 
 

スポンサーリンク

こんな設定で。

もうすぐ実家を離れ、あなたの一人暮らしが始まります。
引越し先は同県内の50kmくらい離れた市。アパートの契約も済ませてあとは引越しだけですが、これから買い揃えるものもいっぱいあって、引越し業者に頼むのは費用面でちょっとツラい…。
幸い地元の友人2人が手伝ってくれるというので、自分らでやってみることにしました。

荷物は座卓と本棚、ハンガーラック、あとは本や服や雑貨を入れたダンボールが15箱。家具や家電は新しく買って新居にもう届いています。このくらいの量なら、まぁなんとかなる…かな?

 



 

スポンサーリンク

8時 車を借りに行く

大きな家具はないし、トラックまではいらないだろう。あんまりでかいと運転にも不安があるし…。
ということで、家から最寄りの駅前あるレンタカー屋さんで、ハイエースのバンを予約しておきました。晴れていれば安い軽トラで行けたかもしれないけど、万一雨が降ったら困るのでやっぱり屋根付きがいい。

レンタカー屋さんでは免許証番号を控えられ、返却時や事故を起こしてしまったときの説明を聞き、現車の傷等を確認。なんだかんだで30分くらい手続きにかかるなぁ。
 
大きな事故はないと思いたいけど、うっかり車を擦るくらいはしてしまいそうなので、万一の時も最小限の支払いで済む「安心コース」にしてもらいました。作ったばかりのクレジットカードで決済。そうだ、ついでにETCカードも作っておいてよかった。
 
オートマなのでそこは安心だけど、こんな大きい車を運転するのは初めてなので慎重に。店の出口からしてもう怖い。
 
 

スポンサーリンク

9時過ぎ 友人らがボチボチ集合

どうにか家に着いて9時。いつも会うよりだいぶ早い時間ですが友人2人が来てくれました。
「車でけーな」なんてちょっと話して、9時半には積み込み開始。

できている箱をどんどん運んでもらって、自分はハンガーラックを分解したり、最後の箱詰めを。
 
 

スポンサーリンク

10時 小休止

30分動いただけでもすでに汗だくです。
前日に買っておいた冷たいお茶を出して、15分だけ小休止。

 

スポンサーリンク

10時45分 積み込み終了

バンのサイズに対して荷物がけっこうギリギリで、ちょこちょこ調整しないとうまく入ってくれませんでした。
あと、下駄箱にある靴をすっかり忘れてた。ダンボールがもうないのでスーパーの袋いくつかにわけて入れ、隙間に押し込みました。これで荷積完了です。

最後に、新居の鍵を間違いなく持っているか確認。これ忘れたら新居前で途方にくれるもんね。大事にカバンに入れておこう。
 
 

スポンサーリンク

11時 出発

家族に別れを告げて、ちょっと涙目になりました。
友人にばれないようにごまかして、出発です。新居まではだいたい50km、高速を使って1時間半くらいで、昼食はサービスエリアで食べる予定です。
 
高速のインターを目指しつつ、まずはコンビニに寄ってドライブのお供に缶コーヒーを。
 
 

スポンサーリンク

12時 昼食

下道はちょっと怖かったけど、高速では車の大きさは気にならず。無事にサービスエリアにつきました。
ここで昼食をとります。がっつり動くから肉系の丼ものがいいかな…。
友人の分ももちろんこっち持ち。午後もしっかり働いてもらうぜ! なんて話をしながら。

 

スポンサーリンク

13時45分 新居に着いた!

車でくるのは初めてだったので、ちょっと迷いました。バイパスから側道に入るはずが、うっかり通過しちゃってだいぶ遠回りしちゃったなぁ。
助手席の友人にナビしてもらって、どうにか着きました。まぁ、これも思い出。

 

スポンサーリンク

14時 搬入開始

2日前にここで家具家電を受け取ったばかりなのに、もう部屋の空気が澱んでいます。作業前に窓を開けて空気を入れ替え。
搬入経路を準備をしようとよく見たら、ドアストッパーがない! 幸いビニールひもは持っていたので、ドアノブと窓の格子に結んで対応できました。開けっ放しじゃないとやりづらいからね。

 

スポンサーリンク

14時半 搬入完了

車から出すだけなら早い早い。片っ端からワンルームに運び込むだけなので、搬入はあっという間でした。
16時にガス屋さんが開栓にくる予定なので、それまでにハンガーラックを組み立てたり、カーテンをつけたり、開梱を手伝ってもらう。うーん、靴が備え付けの下駄箱だけじゃ収まらない!

 

スポンサーリンク

16時 ガス開栓

ガス屋さん、予定通りきてくれました。15分もしないで開栓と手続きが終わって、これで無事にお湯も沸かせるしシャワーも浴びられます。

 

スポンサーリンク

17時 最寄駅へ

部屋もそこそこ片付いたのでダラダラしてたら17時。そういえば壁掛け時計も欲しいなぁ。

家を出て車で最寄駅へ。ここにレンタカー屋さんの支店があり、返却できるのです。
初めは地元まで戻ろうかと考えていたんだけど、友人らが電車で帰るよと言ってくれたので甘えることにしちゃいました。

 

スポンサーリンク

17時半 焼肉!


引越しのあとはやっぱ焼肉でしょ! 今日のお礼にもちろん奢りで。

 

スポンサーリンク

19時半 見送り

まだ慣れない駅で友人を見送ります。今日は本当にありがとう。

交通費を渡して、後をひかないようにさっぱりと「またな」だけで別れました。みんなちょっと涙目になってた気がする…。
同じ県とはいえ、遠いなぁ、50km…。

 

スポンサーリンク

20時 帰宅

駅前のスーパーで明日の朝食のパンや飲み物を買って、家まで歩きます。まだ慣れない夜道なのでちょっと怖い感じはしますが、街灯はちゃんとあるので大丈夫。

家はもちろん真っ暗、誰も「おかえり」と言ってはくれませんがつい習慣で「ただいまー」と言ってしまいました。
とりあえずベッドに落ち着いて、部屋を眺め回して、改めて一人暮らしが始まったことを実感しました。いくぶん心細さもあって、さっき別れた友人とのLINEが盛り上がります。

 

スポンサーリンク

22時 初めての就寝…

今朝は早かったし、肉体労働もしたのでもう眠気が来ました。新居で初のシャワーを浴びます。
…なかなかお湯にならない。しかも実家と違って、風呂場がけっこう寒いぞ、これ。

ともかくさっぱりしたのでジャージを引っ張り出してベッドへ。うん、吟味して買っただけあって実家のすのこベッドより寝心地がいい。
テレビは明日届くのでやることもないし、まとめサイトでも見ながら寝落ちしてしまおう…。



 
 
 

スポンサーリンク

お疲れ様でした。

やっぱり引越しは1日仕事になります。
友人とドライブする楽しさもあり、別れの寂しさもあり、新生活が始まる緊張感もあり、精神的にも体力的にもハードな1日です。

気になる費用はこれだけかかりました。(自分の食事代等は抜く)
 
レンタカー代:ハイエースバン 12時間 ・・・ 15,000円(返却時ガソリン代込み)
高速代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2,000円
午前の差し入れ:ペットボトルのお茶2本 ・・・・・ 260円
ドライブのお供:缶コーヒー2本 ・・・・・・・・・・ 240円
昼食 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2,400円
午後の差し入れ:ペットボトルのお茶2本 ・・・・・ 320円
夕食:焼肉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8,000円
友人らの帰りの交通費 ・・・・・・・・・・・・・・ 1,500円

合計 ・・・29,720円

 
 
なんだかんだで3万円弱。それに慣れない運転でめっちゃ疲れた。
でも業者に頼むよりは安いし、初めての一人暮らしのスタートにいい思い出ができたし、ぜんぜんアリかな。