【一人暮らしの引越し】こんな人は業者にまかせた方が結果的に得する

一人暮らしの始めかた

レンタカーを借りて友人に手伝ってもらった場合でも、約3万円はかかる引っ越し↓↓

「友人と自分で、レンタカーで引っ越し」をシミュレーションしてみる
引越しするけどお金がないから、レンタカーで友達に手伝ってもらおう! なんて話、よくありますよね。思い出にもなるし、知らな

最近は引っ越し業者も価格競争が多く、一人暮らしくらいの荷物なら業者に任せても大きく金額が変わらないことも。しかも自分で運ばないから楽だし。

というわけで、いっそ業者任せの方が得しそうなケースをまとめました。下記に当てはまる人は、引っ越し屋さんを呼びましょう。
 

1.家具・家電をすでに持っている人

冷蔵庫・洗濯機・ソファ・ベッドなどを持っていく場合、バンに載せるのはかなり厳しい。自力で引っ越しするならトラックが必須です。
保証諸々入れて18,000円〜(ニッポンレンタカー/12時間貸出)。でっかい車の運転は大丈夫ですか?


左がバン、右がトラック。

また、重く大きい家具家電を持つだけでもしんどいのに、傷つけないように注意しなければいけません。家具そのものもだし、搬入経路やアパートの室内にも。
冷蔵庫を運び込む際に室内でひきずったら、金具が当たってフローリングが大きく傷つき、退去時に修理金額を請求された例もあります。

洗濯機の水栓接続なども自分で行わなければいけないため、知識が必要になります。水漏れなんて起こしたら弁済が大変なことになるので、そういう面でもやはり業者任せは安全なのです。
 
 

2.引っ越し先が遠い人

道路距離で30km以上あるのであれば、移動だけで片道1時間〜。
友人に手伝ってもらったとして、帰りも送って、再度自分だけ電車で移動する? 交通費渡して自力で帰ってもらう? いずれにせよスマートとは言えません。

荷物は業者にお願いして、自分は電車で移動がやっぱり楽です。早ければ昼過ぎには荷物の搬入が終わって、夜には部屋の片付けが終わるかも。


ちなみにこれで都庁から30km、概ね車で1時間圏内です。
 
 

3.引っ越し先または今住んでいるところがエレベーターなしのマンションの人

団地とか、古いタイプのマンションで、エレベーターないやつ。引越し屋泣かせの物件です。階段のみで荷物を搬出したり搬入するしんどさよ。
自力でやるならせいぜい3階くらいが限度じゃないですかね。

4階、5階だぜって人は、かなりしんどい引っ越しになります。プロにおまかせするのがベターと思います。体力有り余ってて翌日倒れても問題ないならやってみてもいいかもだけど果たして友人が手伝ってくれるかどうか・・・。
 

 

4.運転に自信がない人、運転手を確保できない人

上でも写真を載せましたが、引っ越しに使える車ってめちゃデカイ。そしてレンタカーってちょっと擦ってもお金がかかります(当然)。

たとえばニッポンレンタカーだと、安心保証に入れば修理費は払わずに済みますが、休業保証(修理する間、車を貸し出せない分を補填するお金)は取られます。自走できる場合で2万円、万一大きな事故を起こして自走できなくなった場合5万円です。

これが出てしまったら、なんのために自分で引っ越しして安くあげようとしたのかわからなくなりますよね。
正直小型車でも運転怖いんだよなー、なんて人はやめときましょう。

手伝ってくれる友人が運転得意ならお願いしちゃうのもありだけど、いずれにせよリスクがあることは忘れずに。
 
 

5.お店から空きダンボールをもらってこれない人

引っ越しを安くあげるなら、ホームセンターやドラッグストアでダンボールをもらってくるのが常道です。
でも店員さんに言うのが恥ずかしい・・・
お店がちょっと離れてて、大量にもらっても持って帰る手段がない・・・

しょうがないから梱包資材を通販で買うか・・・。って、気持ちはわかりますが本末転倒では? ダンボールも20箱で3000円とかしますよ。
業者に頼めば梱包資材一式、料金に含む形で用意してもらえますから。
 
 

まとめ : リスクと、金額以外のコストを考える

というわけで1〜5に当てはまる人は、ぜひ引っ越し業者におまかせを。
単身プランだとだいたい4万円くらいには収まり、自分はダンボールへの箱詰めだけやれば、あとは家具家電の梱包からなにからやってもらえます。やっぱりね、楽だよ。
 

ケイティー
ケイティー
傷や破損、運転への安心料を考えたら高いとは思わないはずよ。
マイク
マイク
いろいろ始めたい引っ越し翌日のために、体力を温存できるのもありがたいよね。

 
 
そう。事故や破損のリスクはあるし、時間や労力という「お金以外のコスト」もかかるんです。それらを考えると、引越し業者にお任せするのが実はお得だと実感するはず。

 

なお引越し業者を決める際には見積もり合戦の電話攻撃を受けがち。
サポート担当が各社への見積もりを代行してくれる引越しラクっとNAVIなら、一人とやりとりすれば済むので楽チンです。
 
公式サイトはこちら>>>
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 
レンタカーで自分で頑張るのは、節約というよりは思い出づくりの面が大きいかも。
実際楽しいので人生で一度はやってみるのもありだけど、本当に大事なのは引越し後の生活なのはお忘れなく。

どちらにしても後悔しないよう、良き選択を。