収納難民を救う、1台3役の頑丈コンテナ。

収納

常に収納不足と戦う一人暮らしの賃貸物件で、なんでも入れられるボックスは超絶便利でおすすめ。
一つ持っておいても絶対に損しない優れものです。
 
 

1. とにかく使い勝手がいい


このボックスを最初に世に出したのは、無印良品。
無印の収納へのこだわりは並ではなく、それだけにサイズ感や使い勝手がめっちゃ考えられていて、言うことないくらいに便利なのです。
 

  1. 思ったよりよく入る
    →蓋の内側に少し余裕があって、ボックス部分の高さ以上にものが入ります。
  2. スタッキング可能
    →ズレないように蓋と底にそれぞれ凹凸があって、安定してスタッキングできます。
  3. 紫外線にも強いので屋外にも置ける
    →上図の真ん中にあるとおり。水の侵入にも強いアウトドア仕様なのでベランダにおいても全然平気です。(完全防水ではないです)
  4. とにかく頑丈
    →人が乗ってもビクともしないので、椅子としても、踏み台としても使用可能。

 
と、これ以上ないほどによく考えられています。
 
特に踏み台として使えるのが秀逸。
意外と何かと高いところに用事がある暮らしの中で、不慮の事故を防ぐために踏み台はぜひ使ってほしいもの。

【一人暮らしの事故は怖い】高いところは、絶対に無理しちゃダメ。
日々の暮らしの中で、高いところに用があること、意外と多いですよね。 キッチン上の棚に出し入れ 押入れの天袋に出し

わざわざ脚立なんて買わなくても、このボックスがあれば大概のところには手が届くでしょう。
 
 

2. 使いやすいカラバリ

シンプルな白が好みなら、元祖の無印良品。

ポリプロピレン頑丈収納ボックス・大 | 無印良品
ベランダなどの屋外でも使用できる収納ボックスです。簡易的な腰掛けとしてもご使用頂けます。

Mサイズ2,000円未満と、かなりお買い得アイテムですよ。
 
 
後追いで他のメーカーも作ったりして、ミリタリーライクなカーキやオリーブなどのカラーも見つかります。

 
アウトドアテイスト、カフェテイストの部屋に合いそうな。
半透明の衣装ケースと違って、部屋の真ん中にあっても絵になる佇まいがいいですよね。
 
 
 
趣味のもの、大事なもの、たまにしか使わないけど持っておきたい調理道具、防災グッズ、とりあえずの片付けに、などなど、いろんな使い道があるボックス。
収納に困っている人はぜひ使ってみてください。