スポンサーリンク

不要になった教科書を”もっとも賢く”処分する方法。

収納

大学や専門学校の教科書、入学や進級当初に買うけれど、目ん玉飛び出るような値段しますよね。一冊数千円はザラ、医学書なんかは万円台もあるとか・・・。

そんな高価な教科書ですが、履修を終えれば不要になり、部屋のどこかで眠っている、というのがほとんどではないでしょうか。分厚くてデカくて重くて、いざ引っ越しのときにかなりの荷物になるし・・・。
 

ケイティー
ケイティー
ダンボール1箱分とかはあるわね。これがなかったら収納的にも助かるんだけど…捨てるのもなんか後ろめたいわ。
マイク
マイク
捨てることはないさ。なぜって?
教科書も実は売れるんだよ!

 

ブックオフじゃダメだよ。

古本の処分といえば、おなじみなのがブックオフ。
しかしここは機械的・統計的に買取査定を行っているので、一部でしか需要がない教科書を持っていったところで大した値段はつきません。
教科書はマーカーを引いたり書き込みしたりもありますが、その場合も当然査定にはマイナスで、値はつかないわけです。
 

持っていったが最後、持ち帰るのも面倒だし、ただでもいいから引き取ってもらうか・・・となるのがオチ。
 
 

教科書買取専門店というのがあるのだ


テキストポンという、使用済みの教科書専門の買取店がこの世にはございます。
 

当店では、再活躍の場もなく処分されていた大学教科書・専門書・医学書・歯学書・薬学書・専門学校教科書のリサイクルを行い、今必要としている大学生の方に安くお届けすることを目的としています。
そのため、一冊一冊丁寧に査定の上、買取させていただきます。

という想いで丁寧に教科書の買取を行っているのです。
専門店なので価値は十二分に分かってくれます。値段がつかずに引き取られるなんて心配は、そこらの大手古書店よりもずっと少ないはず。
 
自分の教科書を買い取ってもらった上に、それがお金に困ってるけど勉強したい誰かの元に届く。胸が熱くなりませんか。
 
>>>教科書買取専門店による教科書買取サービス【テキストポン】

 
テキストポンのすごいところは、短大や専門学校の教科書にも対応しているところ。
教科書買取をしている他社もありますが、大学・医大以外はNGなんてこともあります。ここは教科書”専門”なので、およそあらゆる教科書に対応できるわけです。
 
しかも、書き込みやマーカー引いてあったり、カバーがなくても大丈夫。

授業で教科書にラインマーカーや書き込みするのはあたりまえです。

と言ってくれています。どこまで学生想いなの。

 
 

ムダに寝かせず、すぐ売ろう

教科書も鮮度が大事なんです。なぜって、改訂が入るから。
改訂が入ると当然古い版の教科書は価値が下がる(場合によっては価値がなくなる)ので、使わなくなった教科書はさっさと買い取ってもらう方が買取価格は高くなります。
5冊あれば、買取査定のための送料は無料。1年分の履修で5冊くらいいくんじゃないですかね。
 
 
同じ授業を受ける後輩に安く売るなんて手もありますが、うまく相手を見つけられない人はサクッとテキストポンに買取依頼してみましょう。
限りある部屋のスペースなんだから、使わないものに面積割かずに快適に過ごしましょう。

>>>詳しくはコチラへ→【テキストポン】