スポンサーリンク

一人暮らしの冬と光熱費。みんなの暖房事情のリアル。

みんなはどうなの

2019年の夏〜10月はクソ暑ちーわ災害多いわで、なんか大変でしたね。そして11月。もはや寒い。
いよいよ長い冬の到来ですが、寒さ対策は大丈夫ですか?
 
一人暮らし勢の冬場の暖房事情を集めてみました。

スポンサーリンク

暖房つけるの我慢してしまいがち

思えば去年もこの時期急に寒くなったみたい。
そう、「まだもうちょい我慢できるかな?」が12月くらいまで続くんですよね・・・。
 

ほんと、生きてるだけなのにお金かかる。
 

やはり節約は暖房カットから?
とはいえ体調を崩したら元も子もないので、無理はしないようにしてくださいね。
 
 

これね。
 
 
 

スポンサーリンク

電気代は10,000円を超えがち。


 
エアコンの暖房を使うとかなり跳ね上がる。電気代だけで一万円越えってきついね。
灯油ファンヒーターなんかはけっこうコスパいいんですが、灯油の買い出しが、車なしの一人暮らしではかなりのハードル。保管も収納の少ないアパートでは厳しい。
結果、エアコン使うしかないんですよね。
 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

冷房と違って、暖房は付けっぱなしてはいけないのだ

大変お気の毒な例ですが、こうなります。暖房は使わないときはこまめに消したほうがおトク。
 
 
 

スポンサーリンク

ガス代もなかなかに厳しい。

 
シャワーの時間が増えたり、時には湯船貯めたり、煮物などの料理が増えたりと、ガスの使用量が上がります。
そもそも水温がグッと下がるので、給湯器で同じ湯温にするのでも夏よりはるかにガスを食うんですね。
 
 
 

スポンサーリンク

ちなみに雪国(北海道)の事情


北海道は特殊な事情がありますね。
都市ガスがそこまで行き渡っていないというのもあり、プロパンが幅を効かせている状態。
灯油の給油設備付き物件だとそこそこ光熱費は抑えられるっぽいですが、そういう物件は数が少なく、家賃も高いとか。
 
物件自体は関東以南のものよりは暖かい造りでしょうけど、それでも厳しい寒さを思うと暖房ガンガンにしないと凍えちゃいますよね。
 
 

スポンサーリンク

まとめ。ある程度の出費は覚悟の上で、暖房は使おう。

電気代も1万円越え。ガス代も然り。
これはもう、「冬場は月2〜3万の光熱費がかかるものなんだ!」と開き直って、自分にも正しいことをしていると言い聞かせて、暖房を使うようにしましょう。
 
 

節約しようにも限界があるから、多少の出費は覚悟してでも暖かく健康的に過ごしましょう。
それでもやっぱりつれぇわって人には、電気代控えめな局所暖房機器の使用をおすすめします。
電気毛布とか、ホットカーペットとかね。
 
 
おすすめの、コスパのいい暖房器具はこちら↓

削れ、光熱費! 一人暮らしにおすすめ、コスパ最強の暖房器具。
寒くてもついつい暖房を我慢してしまいがちな一人暮らし。電気代がひと月1,000円以下で済む暖房器具を使って、光熱費を抑えつつ暖かく過ごしましょう。

ちなみに夏場の電気代は↓

一人暮らしの夏、電気代はいくらが正解なのか。みんなの声を集めてみた。
冷房費が気になる、一人暮らしの夏場の電気代。平均値、恐怖の高額請求、はたしてクーラーはつけっぱなすべきなのか否かなど、みんなのリアルな声をまとめました。