スポンサーリンク

【掃除】家事の初心者が見落としがちな箇所5選

家事

床に掃除機をかければ良いってもんじゃないんだ、掃除は。
水周りなど、実家にいたときにはあまりやらなかったところも丸っと自分で掃除しなければならないのが一人暮らし。慣れないあなたに、ついつい見落としがちな箇所を教えましょう。
 
 

スポンサーリンク

1.シンクの目立たぬ油汚れ

いつも水を流してるところだし、キレイなはずだと思ってない?
汚れていないように見えても、使う度に、とくにフライパンとか洗ったときに油とかたんぱく質汚れとかがこびりついていくのです。
使用後は古い食器用スポンジでシンクも洗ってあげよう。たまには綺麗にしないと気をつけないとゴキブリなど寄ってきちゃいます!

掃除後に布巾などで蛇口もろとも水滴をしっかり拭き取れば、爽快感倍増待ったなし。週に1度くらいはやってみても損はないのでは。

 

スポンサーリンク

2.洗面台の皮脂・垢などなど

これもシンク同様、けっこう汚れが溜まっていくものなんです。皮脂や石鹸カスや歯磨き後のよだれだったりが微量づつ付着していってね。
ひどいと髪の毛、眉毛、ヒゲ、ファンデーション、歯磨き粉、鼻くそや痰がそのまんまだったりする奴もいて、テメェ、人を呼ぶ前に掃除しろやって思いますよ。

そもそもですが、まずは普段から、使用後にコップで全体に水を流して特に痰なぞ残さないようにしましょう。乾いてこびりつくとそれこそがっつりこすらなきゃ落ちないんだよ。

その上で、週に一度くらいは掃除を。5分かからないんだから。
水周りの掃除には、激落ちくん的なやつ(メラミンスポンジという)がおすすめです。100円均一でもカット済みのが売ってますよ。

 

スポンサーリンク

3.女性は特にご用心! 便座の裏

尿ハネはこんなところに
男性なら大のとき、女性はいつも、つまり座りポジションですると、意外と尿が跳ねちゃうんです。
とくに女性は便座をあげることなんて滅多にないだろうから気をつけてほしい。嫌な臭いの元になるし、なにより想像してみて。部屋に男友達を上げたときのことを。

彼が小をいたすときには当然便座を上げますが、そのとき便座裏についた黄色い水ハネを見られたら・・・死ねるでしょ?

臭い防止のためにも、こまめに拭いておきましょう。

 

スポンサーリンク

4.なーんか埃っぽいのは、玄関から?

土間のところに砂とかホコリとか髪の毛とか、けっこう溜まっていくんすよ・・・。新しめのおしゃれ物件で玄関がタイルとかだと気づきますが、モルタルとかだと、そうそう気づかない。放っておいて溜まりすぎると室内にも入ってくるので、ここもときどき掃除しましょ。

掃除機で吸うもよし、ほうきで掃くもよし。ただし、共用廊下に掃き出しておしまいはダメ。そこはマナーとして、ちゃんと掃きとってゴミ箱へね。

 

スポンサーリンク

5.地味に見られる、ベランダ

洗濯物についた髪の毛とか石鹸カスが、長い間に地味にジミーに溜まっていきます。
気にならないなら別に良いんだけど、、たまーに掃いたり古タオルでざっと絡めとってもバチは当たらないよ。

 
 
以上、押さえておきたい掃除ポイントでした。
 

ケイティー
ケイティー
招かれた部屋が汚いと興ざめよ。あんまりひどかったら距離を置くわね。
マイク
マイク
生活も荒むしね! きれいな部屋ですてきな生活を送ろう!