一人暮らしの初期費用は100万円?内訳は?部屋契約や家具家電の金額まとめ。

一人暮らし 始める 始めたい 初期費用 お金 いくら

「一人暮らしを始めたいから、まず100万円貯める!」なんてセリフをドラマや漫画で見たことあると思います。

とはいえ100万円は大雑把な目標値だろうし、具体的に必要な金額っていくらなのでしょうか。

いわゆる一人暮らしの初期費用。部屋を借りて引っ越し、生活家電や雑貨を揃え、暮らしが一旦落ち着くまでのお金ですが、果たしてそんなにかかるのでしょうか。

ちょっと細かく見てみましょう。
 

家具家電と生活雑貨、そのほか揃えておきたいもの

寮生活や住み込みでもなければ、やっぱり気に入った家具家電に囲まれて暮らしたいですよね。「部屋を自由にする」、ある意味それこそが一人暮らしを始める最大の理由だったり。

というわけで外せないのが、家具や家電を買うお金。

「もらえるから買わずに済む」とか、「お金ないから中古で買う」とかいろんな選択肢があるけど、ひとまず一通り、必要なものと金額をリストアップしてみました。
 

家電(値段優先で探した場合)・・・15万円

冷蔵庫(135Lとして)28,000円〜40,000円
洗濯機(縦型全自動として)20,000円〜50,000円
炊飯器7,000円〜15,000円
電子レンジ(レンジ単体機能)6,000円〜13,000円
テレビ(32インチ)30,000円〜50,000円
掃除機(スティックタイプ)8,000円〜12,000円
ドライヤー5,000円〜12,000円
合計104,000円〜192,000円

金額に幅はあるし、他にも色々揃えたくなるとキリがないけど、とりあえずこれだけあれば充分に文化的な生活ですね。
間をとって15万円としておきましょうか。

一人暮らしの冷蔵庫を選ぶときのポイント。サイズや性能、置き場など
一人暮らし開始時から即必要になる冷蔵庫。サイズも機能も価格もさまざまですが、どんなのがいいのやら。一人暮らし向けに、選ぶときに考慮すべきポイントをまとめました。
一人暮らし向けの洗濯機を選ぶときのポイント。
一人暮らしの必需品、洗濯機。ドラム式と縦型とがありますが、どっちがいいんでしょう? それぞれの機能や特徴、一人暮らしで選ぶならこれ、っていうものをまとめました。

 

家具(値段優先で探した場合)・・・10万円

カーテン(180cm幅、200cm丈)3,000円〜8,000円
ベッドフレーム&マット(シングル)IKEAで18,000円、ニトリで30,000円
掛け布団・カバー・シーツ等(シングル)10,000円〜30,000円
座卓 / コーヒーテーブル2,000円〜5,000円
ソファ20,000円〜50,000円
照明3,000円〜8,000円
合計56,000円〜131,000円

などなど。どこにこだわるかでも、かなり開きがありますよね。とりあえず間をとって10万円としておきましょうか。

お金のかけどころとしては、面積の大きい家具や、キッチンツールの一つ二つは、思い切って高くても気にいるものを買っておくと生活がグッと楽しくなると思います。

ケイティー
ケイティー

安物でもなんとなく使い続けちゃうから
「後から気に入ったものに買い替え」って、結局しないのよね。

ちなみに盲点なのがカーテンと照明。
カーテンは初日から必要だし、意外と照明が部屋に付属していないことがある。そしてどちらも、部屋の印象を決めちゃうくらいに大事なアイテム。
こればっかりは部屋探しと並行して探しておきたいですね。

  

そのほか、揃えておきたいもの・・・5万円

こまごまとした金額ですが、トイレットペーパーから始まって、キッチンツール、食器、バスグッズ、シャンプーやリンス、洗濯洗剤、小物干しやハンガー、補助収納、などなど、たくさんの生活消耗品・雑貨を買っていくと、どんどんお金が飛んでいきます。
とりあえず百均活用、ニトリ活用で済ませるとして、5万円を計上しておきましょう。

またあるていどの医薬品や工具も揃えておきたいところです。

【暮らしに必須の工具】一人暮らしでもこれだけは揃えておこう。
「家具は組み立てが基本」のいま、一人暮らしの家にだって、工具は必須。 一口に工具というと山のような種類がありますが、そ
一人暮らしの救急箱(薬箱)、これくらいは揃えておきたいね。
生きている以上、病気も怪我も付きものです。包丁で切った、鍋に触れて火傷、筋を違えた、水シャワー浴びちゃって風邪ひいた、など。そんなときに必要以上に慌てないためにも救急箱はマスト。ここでは「揃えとくといいよ」ってアイテムをまとめました。

 

部屋の契約の諸費用

一人暮らしの舞台である、部屋。
部屋を借りるためのお金は、およそ家賃6〜7ヵ月分ほど。

敷金・・・退去時に破損・汚損があった場合の修繕に備えて、あらかじめ預けるお金。0〜家賃2ヵ月分
礼金・・・「部屋を貸してくれてありがとう」のお礼の意味で渡すお金。家賃1ヵ月分が一般的だったが、古い慣例で敬遠されがちなので、最近では礼金0を謳う物件も多い0〜家賃1ヵ月分
仲介手数料・・・不動産屋さんの取り分家賃1ヵ月分が一般的
当月分家賃・・・入居日から当月末までの家賃で日割り計算が一般的。例えば3月10日に入居なら、22日分が発生する。最大1ヵ月分
前家賃・・・万が一に備え、翌月分の家賃を先に渡すという慣例。家賃1ヵ月分
鍵交換費用・・・前に住んでた人が万が一にも入れないように、ドアの鍵を交換する費用15,000円くらい
火災保険・・・そのまんま、火事に備えた保険。必須。2年分を先払いで20,000円程度
合計家賃6ヵ月分 + 35,000円

ちなみにこれはうーんと安い例ですけど、家賃35,000円の木造アパートの契約費用です。不動産屋さんに払う初期費用は約20万円でした。

賃貸契約 契約書 例 初期費用 アパート いくら 一人暮らし

初期費用の合計は、安くても家賃半年分 + 30万円

ここまで細かく見てきたところをまとめると、家具家電を安い方で見積もっても、家賃半年分 + 約30万円。
おおよそこの金額が必要になるようです。
 
家賃が5万円なら、半年分の約30万円 + 30万円で、60万円。
家賃が8万円なら、約80万円といったところ。

引越しにかかる費用も忘れずに

荷物の量と距離によるけど、「関東(関西)圏内」の引越しなら、20,000円〜70,000円くらいでしょうか。
遠方の場合はグッと高くなりますが、初めての一人暮らしなら、身の回りのものを宅急便で送り、家具家電は引越し先で揃えて配送してもらえば比較的安く済むでしょう。

ちなみに「自分でやれば安く済む」は幻想です。

 

家賃は(当然だけど)無理なく払える金額に

ここまで見てきた初期費用、大きな額なのでそっちに目を奪われがちですが、なすべきは一人暮らしを続けることですよね。
だから、暮らしを維持する各費用を、毎月きちんと払っていける計画の方が大事です。
 
毎月いくらの家賃なら払っていけるかは、月収から決めておきましょう。一般的に、家賃の目安は月収のおよそ1/4〜1/3以下。

これに光熱費やスマホやネットの通信費、食費などを足していって、おおよそ月収の2/3くらいが一般的なラインです。
 
なお、一人暮らしの生活費については、平均値をまとめてみたので参考にしてください↓

 
家賃だけで月収の1/3を超えると、生活が苦しくなっていきます。学生なら保護者に相談して、新社会人なら予定の月給から、いくらの家賃なら払っていけるかを算出してみてください。

ケイティー
ケイティー

家賃は後から削れないわよ。無理のない金額にしておかないと痛い目にあうわ。
ちなみに「家賃は月収の1/3」と言われていたのは昔の話よ。今は通信料(固定ネット・スマホ)がかかるし、食品などの物価も上がってるからね。

 

まとめ・予算の立てかた

1. 沿線相場も参考に、月収の1/4〜1/3以内で家賃の見当をつける

2. 部屋の契約の諸費用として、家賃半年分を確保する

3. 家具・家電・生活雑貨に30万円を確保する

この流れで予算を決めたら、あとはひたすら貯めるのみ。

それで必要な金額が準備できますが、プラスして数ヶ月分の家賃が貯金してあると新生活が安心ですね。
するとやはり、100万円くらいになるようです。

マイク
マイク

けっきょく100まんえーん!