スポンサーリンク

一人暮らしに必要なお金とは。予算の立てかたと具体的な諸費用。

一人暮らしの始めかた

「一人暮らしを始めたいから、まず100万円貯める!」なんてセリフをドラマや漫画で見たことあると思います。
この100万円を何に当てるかっていうと、いわゆる初期費用ですね。部屋を借りて引っ越し、生活家電や雑貨を揃え、暮らしが一旦落ち着くまでのお金です。
 
とはいえ100万円は大雑把な目標値だろうし、具体的に必要な金額っていくらなのでしょうか。
ちょっと細かく見てみましょう。
 

スポンサーリンク

一人暮らしを始めるための費用

金額が分かりやすいのは、家具や家電。
もらえるから買わずに済むといった事情や家電のグレードしだいでトータルの金額は全然変わってくるけど、
ひとまず一通り必要なものと金額をリストアップしてみました。
 

家電(値段優先で探した場合)

冷蔵庫(135Lとして) 28,000円〜40,000円
洗濯機(縦型全自動として) 20,000円〜50,000円
炊飯器 7,000円〜15,000円
電子レンジ(レンジ単体機能) 6,000円〜13,000円
テレビ(32インチ) 30,000円〜50,000円
掃除機(スティックタイプ) 8,000円〜12,000円
ドライヤー 5,000円〜12,000円
合計 104,000円〜192,000円

金額に幅はあるし、他にも色々揃えたくなるとキリがないけど、とりあえずこれだけあれば充分に文化的な生活ですかね。
 
 

家具(値段優先で探した場合)

カーテン(180cm幅、200cm丈) 3,000円〜8,000円
ベッドフレーム&マット(シングル) IKEAで18,000円、ニトリで30,000円
掛け布団・カバー・シーツ等(シングル) 10,000円〜30,000円
座卓 / コーヒーテーブル 2,000円〜5,000円
キッチン雑貨(包丁・鍋類・洗いカゴ等) 10,000円〜20,000円
ソファ 20,000円〜40,000円
照明 3,000円〜5,000円
合計 66,000円〜138,000円

などなど。
まぁ、ソファなんかはあとでゆっくり揃えるでもいいんですけどね。盲点なのが、初日からカーテンが必要なことと、意外と照明が部屋についていないことがあるっていうもの。
 
 
 

部屋の契約にかかる諸費用

敷金 退去時に破損・汚損があった場合の修繕に備えて、あらかじめ預かるお金。 物件により家賃0〜2ヵ月分
礼金 「部屋を貸してくれてありがとう」のお礼の意味で渡すお金。家賃1ヵ月分が一般的だったが、古い慣例で敬遠されがちなので、最近では礼金0を謳う物件も多い 物件により家賃0〜1ヵ月分
仲介手数料 不動産屋さんの取り分。 一般的に家賃1ヵ月分
当月分家賃 入居日から当月末までの家賃で日割り計算が一般的。例えば3月10日に入居なら、22日分が発生する。 最大1ヵ月分
前家賃 万が一に備え、1ヵ月分の家賃を先に渡すという慣例。 家賃1ヵ月分
鍵交換費用 前に住んでた人が万が一にも入れないように、ドアの鍵を交換する費用 15,000円くらいです
火災保険 そのまんま、火事に備えた保険。 2年分を先払いで20,000円が一般的
合計    家賃6ヵ月分 + 35,000円

 
これら部屋を借りるためのお金がおよそ家賃6〜7ヵ月分ってとこです。
 
 

引越しにかかる費用

荷物の量と距離によるけど、20,000円〜70,000円くらい。

 
 
 

スポンサーリンク

諸費用の合計は、家賃半年分 + 30万円

ここまで細かく見てきたところをまとめると、家具家電を安い方で見積もって家賃半年分 + 約30万円。
おおよそこの金額が必要になるようです。
 
家賃が5万円なら、半年分の約35万円 + 30万円で、65万円。引っ越し費用入れて70万円。
家賃が8万円なら、約90万円といったところ。
 
 
 

スポンサーリンク

それじゃあ、家賃はいくら?

あとは家賃が決まれば具体的な金額がわかります。家賃はいくらでしょうか。
 
これには沿線相場というものがあり、住みたい路線・駅が決まればだいたい決まります。
例えば吉祥寺だと、こんな感じ。
 
 

 
どうしてもここに住みたいとか、そうでなくても通勤・通学を考えるとこの路線が良さそうとか。住もうかと考えている街の相場を参考に見ておきましょう。
「住みたい街の名前 家賃相場」といった検索ワードで出ますよ。
 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

継続できなきゃ意味がない。

初期費用には大金が必要なのでそっちに目を奪われがちですが、一人暮らしが続けられなきゃ意味ないですよね。
よって、暮らし始めてから家賃や光熱費などなどを、毎月きちんと払っていける計画の方が大事です。
 
上で確認した沿線相場は参考にしつつ、実際に毎月いくらの家賃なら払っていけるかは月収から決めておきましょう。
 
 
一般的に、家賃の目安は月収のおよそ1/4〜1/3以下。これに光熱費やスマホやネットの通信費、食費などを足していって、おおよそ月収の半分かちょっと超えるくらいが一般的なラインです。
 
なお、一人暮らしの生活費については、平均値をまとめてみたので参考にしてください↓

一人暮らしの生活費、みんなの平均を調べてみた。
一人暮らしを始めるにあたって気になる生活費。実際のところどのくらいかかるのか、統計調査資料2017年度版から、平均値を算出してみました。参考にどうぞ。

 
家賃だけで月収の1/3を超えると、生活が苦しくなっていきます。学生なら保護者に相談して、新社会人なら予定の月給から、いくらの家賃なら払っていけるかを算出してみてください。
 

ケイティー
ケイティー
家賃は後から削れないわよ。無理のない金額にしておかないと痛い目にあうわ。

 
 

スポンサーリンク

まとめ

流れとしては逆の方が決めやすい。

  1. 沿線相場も参考に、月の収入の1/4〜1/3以内で家賃の検討をつける
  2. 部屋の契約の諸費用として、家賃半年分を確保する
  3. 家具・家電・生活雑貨に30万円を確保する


これね。
 
これで必要な金額が準備できますが、プラスして数ヶ月分の家賃が貯金してあると新生活が安心ですね。
そうするとやはり、100万円くらいになるようです。
 
 

マイク
マイク
けっきょく100まんえーん!